藤沢市議会議員 清水竜太郎 オフィシャルサイト

清水竜太郎のオフィシャルサイトです

村岡新駅の必要性についての一般質問

(藤沢駅周辺への集中投資を)
村岡新駅についてわたしが最も引っかかっているのが、コンパクトシティについてです。
これからの人口減少社会で、都市機能を集約するコンパクトシティの重要性が指摘されており、大いに賛同するところです。
藤沢市でも近い将来、人口が減ります。大事なのは、まちを広げることではなく、今あるまちを強くしていくことです。

藤沢駅周辺は、地盤沈下が指摘されていますが、やり方次第で、まだまだ可能性があると考えます。
将来的なコンパクトシティの拠点は、藤沢駅周辺であるべきであり、村岡新駅も拠点にするには、近すぎて集約化どころか、分散化してしまうと思います。
事業費は、合わせて300億円と言われます。藤沢市がすべて払うわけではありませんが、新駅にかけるお金があるなら、藤沢駅周辺に集中投資すべきだと考えます。

これに対して藤沢市は、拠点としての村岡新駅は、コンパクト&ネットワークの考えと一致したものだ、藤沢駅の役割は継続し、再整備に取り組んでいると答えました。

(京浜東北・根岸線の延長)
藤沢市が、最終判断するのは1年後ということですが、釈然としない市民が多いように感じます。
事業費がさらにかかってしまうため、厳しいと思いますが、藤沢市全体の利益を考えるならば、百歩譲ってまだ根岸線を延長した方が、路線という意味で選択肢が増えるメリットがあると思います。

藤沢市は、線路の構造上、困難だと聞いている、
藤沢市全体の効果は、東海道線の方がより多いと述べました。

(モノレールの活用)
村岡新駅と周辺の一体開発で、わたしは議論で抜け落ちている点があると思っています。それは、湘南モノレールの存在です。
深沢地区の東端に湘南深沢駅がすでに存在しているのです。
湘南モノレールは、経営母体が変わって、積極的な経営が目立っています。モノレールを生かさない手はないと思っています。
アイパークに定時性のある何らかの交通手段は、必要だと思いますが、東海道線の新駅は、さすがに度を越えていると思います。

東海道線ほど便利ではないでしょうが、湘南深沢駅を起点として、深沢地区の真ん中を通って、アイパーク付近をつなぐ交通手段、例えばモノレールの新設ができれば、代替案になると思います。

広大な深沢地区の真ん中には、シンボル道路が計画されているだけにモノレールだろうが、路面電車だろうが、定時性のある交通網をつくることが可能です。

これに対して藤沢市は、村岡新駅を前提に一体開発がある、両地区を結ぶ一定の交通手段は必要だと考えるが、国内外から訪れるアイパークを意識すれば、東海道線がより効果的だと答えました。

村岡新駅

藤沢駅周辺への集中投資を

藤沢市議会一般質問

12月議会の一般質問で、藤沢市なとが村岡地区への設置を要望している東海道線の新駅と周辺の一体開発について考えを質しました。

(東海道線の長所)
藤沢市の長所のひとつが、交通の便がいいところです。東海道線も小田急線も、東京までの「速さ」を競ってきた歴史があります。
1分でも早く通勤してもらいたいという目的があったはずですが、村岡新駅ができれば、これまで追い求めてきた速さに逆行し、藤沢市の長所を自ら消すことになると指摘しました。

これに対して藤沢市は、効果と課題について見極めていく、JRには利用者の心配に対して説明する必要性があると伝えたと答えました。

(新駅設置の目的)
新駅の目的について、藤沢市は、地元の交通が便利になるほか、都市機能を集めたコンパクトシティをつくるためであり、それは藤沢市全体にとって必要なことだと説明しています。
ところが、議会でも必要性を疑問視する意見が出ています。なぜ目的が分かりにくいのか。

神奈川県は、新駅について、鎌倉市の深沢地区との一体開発で、医療や創薬の一大拠点にしたいとしています。核となるのは、武田薬品の共同研究施設、湘南アイパークです。
わたしもアイパークを評価しており、治験分野での協力など連携を深めるよう提案したばかりです。

かたや藤沢市は、乗り降りする見込みを6万5000人としていますが、どれだけ地元にメリットがあるのか、まして藤沢市全体にどれだけメリットがあるのか疑問は拭えません。
腑に落ちないのは、地元のためになるという説明に無理があるからだと思います。
藤沢市としても、賛否はともかく、アイパークのために新駅は必要なのだと明言した方が分かりやすいと思います。

これに対して、藤沢市は、まちづくりが目的であり、アイパークも魅力的なまちをつくるための地域資源のひとつだと述べました。

(負担割合の問題)
新駅設置や周辺の区画整理など事業費の負担割合ですが、深沢地区の面積や市役所の移転計画などを考えると鎌倉市、およびアイパークの受けるメリットは、藤沢市より大きいと感じます。
藤沢市が、主導権を握っているとは感じられません。

藤沢市は、JRやアイパークに対しても、負担を求める考えを明らかにしていますが、大規模な事業であるだけに、前以てどのくらい負担できるのか提示すべきだと思います。また新駅については、県が3割、残りを両市が半々ということで、基本合意していますが、考え直すべきだと思います。

これに対して藤沢市は、経済効果などから負担割合で基本合意した、JRには一部負担してもらうよう求め、連携して対応していきたいとしていると答えました。

藤沢市議会一般質問 清水竜太郎議員

内水浸水想定区域

内水浸水想定区域をご存知でしょうか。

一般的に浸水想定区域といいますと、洪水浸水想定区域のことを指します。これは、河川の氾濫によって堤防から水が溢れ出し、被害が出る可能性があるエリアを示したものです。

これに対して、内水浸水想定区域は、河川に排水することができずに下水道がいっばいになり、マンホールから水が噴き出すなど、被害が出る可能性があるエリアを示したものです。
こうした内水氾濫は、さきの台風19号で多発し問題視されています。

藤沢市でも内水浸水想定区域を示した内水ハザードマップの作成を進めています。
藤沢市下水道総務課では、雨量が多かった6年前の台風18号における被害をもとに作成しています。しかしながら、より正確なマップを作るため、実際に起こった被害状況はどうだったのか、市民からの意見を募集します。

募集期間は、今月22日から来月20日までで、郵送やメールなどで提出できます。意見としては例えば、「区域図では、浸水しないことになっているが、当時、膝くらいまで浸水していた」などが考えられます。

内水氾濫は、河川氾濫より発生しやすく、河川から離れた場所でも短時間で発生します。
例え床下浸水であっても、生活への影響は計り知れません。
しっかりした内水ハザードマップをつくり、活用することで万全の備えを整えることが重要です。

追記::作成中のハザードマップや詳しい内容は、藤沢市下水道総務課のサイトに掲載される予定ですので、ご覧下さい。

内水浸水想定区域

 

就職氷河期世代

兵庫県宝塚市が、就職氷河期世代を対象に正規職員を募集し、4人が採用されたことが、先駆的な取り組みだとして話題になりました。

氷河期世代は、30代半ばから40代半ばで、卒業しても就職先が決まらなかった人数が、毎年10万人前後に達したそうです。
非正規労働の仕事を転々として、実家に引きこもるケースも後を絶ちません。

テレビ業界も、非正規労働者が放送を支える格差が明らかな職場でした。
わたし自身も退職後は再就職先を見つけるのに苦労しました。

日本は、正規労働者の権利が強く、いわゆる労働の流動性が低いために、一度レールを外れてしまうとやすやすと再就職できない社会です。

そんな中、経団連の中西会長は、新卒の一括採用や終身雇用、年功序列など日本の雇用制度の見直しを訴えて衝撃を与えました。

宝塚市の採用試験には、1800人以上が応募しました。倍率は400倍です。わたしなぞは、倍率を聞いただけで卒倒しそうになります。
今回の取り組みは、高く評価されていて、つづく自治体も現われ、藤沢市も検討を始めています。
ただまたもや、落とされる人たちが大半です。

どの雇用制度も一長一短はありますが、今こそ制度に切り込んで、再チャレンジしやすい社会にしたいものです。

就職氷河期世代

老朽化する下水道管

いま全国的に水道管の老朽化が大問題となっています。水道事業の民営化が叫ばれているのもその一環です。
藤沢市の現状も同じです。藤沢市の場合、上下水道で所管が分かれています。上水道は神奈川県、下水道は藤沢市となっています。

下水道は、家庭や工場から排水された汚水を集めてポンプで下水処理場に送り、きれいにされて川や海に流されます。
方法は2種類あって、藤沢市南部から北西部では、ひとつの下水道管に汚水と雨水をいっしょに流す合流式と、北部から北東部では、汚水と雨水を別々の管で流す分流式です。

普及率は95%で、下水道管の長さは1500キロに達します。ところが、普及は高度成長期に一挙に進んだことから、老朽化も一挙に進んでいて、どのように改修していくかが問題となっています。

30年以上経過している下水道管は430キロに及んでいて、下水道管が壊れて道路自体が陥没するケースが年間70件起きています。

藤沢市では、改修計画を練っています。改修の方法は、▲下水道管自体を取り替える方法のほか、▲下水道管の位置が深い場合、内側に新しい管を巻きつける方法があります。
また、▲老朽化はまだ進んでいないものの、地震に備えて、マンホールとの接続部分だけ強化する方法があります。

下水道管は、辻堂と大清水にある処理場に向かって、勾配がつけられて、流れるようになっています。処理場近くほど木の幹のように太く、周辺ほど枝のように細く分布しています。
藤沢市では、こうした土地の事情を踏まえて、適切な改修方法を取り入れながら、計画づくりを進めています。

ただ改修には、巨額の費用がかかる見込みです。将来的な人口の減少を考えれば、改修どころか、維持管理さえ、難しくなっており、市民の理解も必要となってきます。

老朽化する下水道管

藤沢市議会議員 清水竜太郎
〒251-0052 藤沢市藤沢 991-19-901
© 2015 Ryotaro Shimizu All rights reserved.