藤沢市議会議員 清水竜太郎 オフィシャルサイト

清水竜太郎のオフィシャルサイトです

村岡新駅 費用負担の見直しを

藤沢市は、村岡新駅の設置でJR東日本などと合意したことについて、地域にとって利便性が高まり、研究開発の拠点ともなると説明しました。また新駅及び周辺整備の費用見直しについては否定的な考えを示しました。
これは市側が、補正予算委員会のわたしの質問に答えたものです。

市民の方からも新駅の必要性が分かりにくいという意見を頂きますが、それは、藤沢市の説明が「まちづくり」のためという一点張りだからだと受け止めています。個人的には、共同研究施設・湘南アイパークのためにつくるのだと説明される方がまだ理解できると考えます。

これに対して藤沢市は、地域的には交通の利便性が高まるほか、生活を支援する施設が導入される。都市的には、コンパクトシティを進めるための重点拠点の一つであり、研究開発の拠点をつくりたい。税収も増えることで、好循環を回していくと答えました。

わたしは、将来、人口が減少する中、まちを広げるのではなく、今あるまちを強くすることが大事だと思っており、今回の合意は、そもそもコンパクトシティの概念に逆行するのではないかと考えます。新駅の事業費についても、鎌倉市と同じ負担割合となっていて、見直すべきではないかと指摘しました。

これについて藤沢市は、新駅の「便益」については、鎌倉市と同じだということが出ており、この流れで進めていくと述べました。

藤沢市は、まちづくりに関する事業費が、120億円程度になるという見通しを示しています。こうした周辺整備は、村岡というより、アイパークや深沢のためという側面が強く、藤沢市は気前が良すぎると感じています。そういう意味で、まちづくりの事業費についても、鎌倉市とアイパークにも負担を求めるべきだと主張しました。

これに対して藤沢市は、深沢につながるシンボル道路は橋と平面部分で分担している。駅目的の交通整理も必要で、藤沢市の責任でやらなければならないところもあると答えました。

新駅と合わせますと160億円余りの費用がかかる計算です。わたしは、藤沢駅周辺の再整備を重要視しており、藤沢駅周辺への集中投資が必要だと訴えてきました。財政が厳しい中、村岡と藤沢、両方に全力を尽くすことは無理だと考えます。

これについて藤沢市は、重点としている拠点の中でも、村岡は研究拠点であり、藤沢は中心拠点だ。役割が違っていて、均衡ある発展をめざす。事業費については平準化も検討すると述べました。

新駅とまちづくりによる経済効果について、藤沢市は、直接的な効果を年間540億円、誘発される就業者を4300人と見込んでいます。藤沢駅周辺への効果はまだ取りまとめ中ですが、深沢に商業施設が入ることを考えれば、藤沢駅周辺への経済的なダメージは大きいのではないかと推察します。

これについて藤沢市は、藤沢駅周辺への影響はあると思う。藤沢駅周辺も再整備を通じて魅力を向上し、その部分を補うと共に、増加する就業者をうまく誘導していくと答えました。
今回の事業について藤沢市は、来年度中の都市計画決定をめざすとしています。

村岡新駅

子どもの貧困対策 養育費と面会交流について

12月議会では、子どもの貧困対策について藤沢市の考えを質しました。離婚が珍しくなく、共働きが当たり前になった今も性的な役割分担は根強く残っています。そして離婚が増えた日本でも問題なのが、大人の都合で振り回される子どもたちであり、貧困の問題です。

子どもが貧困に至る大きな原因が、養育費の不払いにあるのではないかと考えます。不払いは8割に及ぶことから、養育費に切り込むことが大きな解決策になると考えます。兵庫県明石市では、1か月5万円を上限に建て替えたうえで、当事者に請求する取り組みを始めていて、賛同するところです。

その一方で、なぜ支払いをしないのか分析した上で、支払いを促す方法も必要です。夫婦ともに積極的に子育てを行なうようになったいま、支払いを促す対策の一つが面会交流を促すことだと思います。
これについて藤沢市は、養育費と面会交流は車の両輪のように実行されることが健やかな成長につながる。交換条件にするべきものではないが、養育費を支払う意欲につながるという効果は認められると答えました。

日本では協議離婚がほとんどで、養育費や面会交流の取り決めを行なわないケースが多く、子どものことが後回しになっています。明石市では、養育費と面会交流について定めてもらうよう積極的に案内しています。面会交流では、専門家が仲介して、日時を調整したり場所も提供しています。
これについて藤沢市は、ニーズなどを踏まえると自治体による実施は課題が多い。取り決めの重要性について更なる発信を行なうと共に、個々の実情に応じた相談支援を充実していくと答えました。

このような問題が起きるのは、日本が単独親権だからであり、親権を失うと面会もままならなくなります。子どもの連れ去りを避けるためにも、共同親権が有効ではないかと考えます。海外では面会交流が適切か、判断基準があるとききます。貧困問題を考えれば、尚更いまの日本の状況が良いとは思えません。
これについて藤沢市は、面会交流の不実施などが共同親権で直ちに解決するかは難しい点もある。導入には様々な意見もあり、市の見解は言えないが、国の動向を注視していくと述べました。

共同親権の議論で問題になるのがDVの被害者をどう救うかです。行政が関わるDV等支援措置は、いわゆる「加害者」に対して住民票などの提供を拒否できる制度で、非常に即効性のある大事な制度です。
藤沢市は、制度の対象になるかについて、直ちに申請を受け付けるのではなく、必ず面談を行なう。面談では暴力の有無など詳細な聞き取りを行なう。その上で警察や福祉事務所から意見を聴取し、実態を確認して精査した上で申請を受け付けるといった慎重な判断を行なっていると答えました。

共同親権を進めるうえでも、DVの被害者をどう救うかがカギとなりますが、裁判所による保護命令も、相談支援センターによる一時保護もハードルが高く、適用されるのは一握りで改善が必要です。
藤沢市は、配偶者などによるDVの相談は170件なのに対して、一時保護になったのは2件であることを明らかにしました。その上で福祉事務所に3人の女性相談員がいて、支援を行なっている。必要に応じて生活保護のケースワーカーや査察指導員も連携して支援を行なっていると述べました。

共同養育

藤沢市の新型コロナウイルスワクチン接種について

新型コロナウイルスのワクチン接種について、藤沢市は、クリニックなどでの「個別接種」を柱に、大きな会場での「集団接種」を併用する形で進めたい考えを明らかにしました。

これは、補正予算委員会で市側が答えたものです。藤沢市民病院など医療従事者や消防の救急隊員、保健所の保健師などについては、3月初旬から接種を始めます。政府は、4月12日から高齢者への限定的な接種を開始し、26日の週からすべての自治体に行き渡る数量を配送したい考えを示しています。

藤沢市は人口が43万人で、65歳以上が11万人近くいます。藤沢市はワクチン接種について、「個別接種」を中心に接種を行ないたい考えです。その上で、医療機関が少ないところについては、市民センター・公民館での「集団接種」も実施したいとしています。

また、接種する機会を極力増やすため、市内のクリニックが休みになる水曜日や木曜日については、医師に出てもらって、体育館での接種も行ないたいとしています。

ワクチンは、マイナス75度の低温で保存しなければならず、特別な冷凍庫が必要となりますが、藤沢市では2台確保していて、ひとつは市民病院に配置されます。ゆくゆくは26台まで増やして、「個別接種」が円滑に行われるよう、適切に配置したい考えです。

ワクチンは、超低温の冷凍庫から取り出すと保存できる期間が短いため、接種に際しては、ワクチンの無駄をなくすための取り組みが求められています。これについて藤沢市は、「個別接種」では、人数が限られているため、適切に使えるとみているほか、「集団接種」では、予約した人に対して、接種を忘れないよう呼び掛けていきたいとしています。接種券は、3月下旬に発送する予定で、電話とネットで予約できるよう調整しています。

藤沢市が発表した2月の感染者数は、減少していますが、最近は下げ止まりの傾向にあります。中等症の患者は4人で、亡くなった方は22人です。
神奈川県は、高齢者や障害者施設でクラスター発生が目立つため、従事者を対象にした定期的な検査を始めています。藤沢市でも2件のクラスターが起きていて、3月まで県による検査が行われるということです。こうしたリスクの高い施設に限定して、無症状の人に対して検査を行なうのは、世田谷区でも実施していて有効ではないかと考えます。

新型コロナウイルスワクチン接種

藤沢駅南口の再整備素案にぜひご意見を!

藤沢市が提示した藤沢駅南口の再整備に関する素案について、パブリックコメントの募集が行われています。募集は、来月18日まで藤沢市のサイトなどに詳しいことが書かれています。

パブリックコメントは、集まった意見を取り入れることができるか検討することになります。形骸化が指摘されていますが、公式な意見表明の場です。

さきの鵠沼のクロマツの伐採は延期となりました。パブリックコメントではありませんが、多くの市民が伐採しないよう立ち上がった結果です。

市役所の担当は、さまざまな利害関係者の意見を聞いて判断を下します。今回のクロマツの場合、本来なら緑を守らなければならない立場の公園課も、安全性の観点から切るよう求める意見との狭間でつらかったのではないかと想像しています。

そういうときこそ市民から多くの意見があれば、判断を転換する理由になります。内容はもちろん大事ですが、数もまた大事です。

村岡新駅もそうですが、計画が決まってしまってから文句を言っても手遅れになりがちです。計画が固まる前に意見を出すことが極めて重要です。確かに市役所による情報公開は十分とは言えませんし、親切だとも言い切れません。わたしも力の限り、たくさんの市民に知ってもらいたいと思う情報を発信してきたつもりです。

市政に失望することもあろうかと思います。でもあきらめてしまったら終わりです。あきらめてしまうと違う誰かが、皆さんに代わって物事を決めてしまいます。

藤沢駅前はまちの顔であり、心臓部です。南口をどのようにするかは、決定的に重要です。南口をどのようにするかで、まちの将来が決まると言っても過言ではありません。 
わたしが提案している大規模な公園広場にすれば、藤沢の価値を上げることができる自信があります。池袋のまちを一変させた南池袋公園が実証しています。

これほど重要な計画を市役所や、南口の利害関係者、それに地元の名士たちで決めてはなりません。ぜひ参加してください。ご意見を出してください。

藤沢駅南口再整備

模型およびイメージイラストは、わたしが2016年12月議会の一般質問で提案したものです。

藤沢駅南口再整備

 

藤沢駅南口の再整備素案が明らかに

藤沢市は、藤沢駅南口の再整備に関する基本計画の素案を都心部再生特別委員会で提示しました。南側を交通広場にする一方、北側の歩道を広くする内容で、駅の自由通路の拡幅に伴い、それに続く大きな陸橋を中央に通したい考えです。委員の一人として、いまの南口を単に整理整頓しただけで、街の価値観がまったく感じられないとして、見直すよう求めました。

「藤沢らしさ」はどこにあるのか
わたしは、5年前の12月議会の一般質問で、南口を大規模な公園広場にするよう模型とイメージ図も作って提案しています。また調査会社に依頼して実施したアンケートで、「湘南らしい個性」を求める意見が4割を超え、最も多いことが分かっていて、わたしの提案も7割が賛成してくれています。
わたしの提案がどのように活かされているのか、市民が求める「藤沢らしさ」はどのように活かされているのか質問しました。

これに対して藤沢市は、歩道と車道のバランスをとる。限られた空間だが、市民の居場所を創出する。潮風や明るさ、緑の豊かさなど特徴を落とし込むと答えました。

交通に占領された駅前でいいのか
わたしは、これまでクルマに占領されてきた駅前を、人や自然を優先する駅前に変えるべきだと訴えています。政府も脱炭素社会を目指す中、タクシーやバスも新しい交通体系に変わるはずです。提案した公園広場では、最低限の交通機能は確保しつつ、人や自然を前面的に押し出しています。

これについて藤沢市は、交通の便は維持しつつ、歩行者のための空間を確保していくと答えました。

自然が疎かにされているのではないか
今回の素案では、南側にある樹木がある空間が、取り壊され、植栽は「おまけ」程度に歩道に付け加えられています。言葉とは裏腹にみどりを大切にするという藤沢の価値観が反映されているとは思えません。

これについて藤沢市は、いまの樹木は撤去することになる。みどりは重要な要素であり、できる限り配置していくと答えました。

「整理整頓しただけ」ではないのか
個人的には、今回の素案は、単に今の南口をきれいに整理整頓しただけで、こういう南口にしたいんだという藤沢市の意思が感じられません。駅前はまちの顔であり、そのまちがどういう価値観を大事にしているのか表現する場所だと考えます。この素案ならば、実施する意味がないと指摘しました。

これに対して藤沢市は、市民や事業者と検討してきた結果だ。周辺のビルには、いまは外側に出ているデッキ部分を建物の内側に入れることで開放感を出し、駅前にふさわしい風格を出していくと答えました。

デッキは開放感に逆行するのではないか
藤沢市の意思が、個人的には感じられないのには理由があると思っています。それは、藤沢市が最優先してるのが、南北の流れを円滑にすることにあるからだと思っています。今回のデッキの架け替えはその表れです。
広場の中央にいまよりさらに大きな陸橋を作れば、空間の開放性が失われてしまうことになります。わたしは、開放的な空間を生かすために、多少不便にはなりますが、中央に陸橋をつくる代わりに、周辺のデッキを逆に広げる方がいいと考えています。

これについて藤沢市は、自由通路の拡張とそれに伴う新しい陸橋は、南北の連携強化になり、利便性と回遊性の向上になると答えました。

かっこいい駅舎こそが求められているのではないか
市役所も鉄道事業者も財政が苦しい中、市民が本当に望んでいるのは、駅舎をきれいに、湘南らしいかっこいいデザインにすることなのではないかと思っています。小田急線の改札を2階に上げる方向に反対はしませんが、必要なのは、乗り換えをよくすることや自由通路を広くすることではなく、駅舎をきれいにかっこよくすることではないかと考えます。
駅同士の接続がよくないと言われますが、JRのほか、相鉄線や東横線がある横浜駅でも、小田急線がある町田駅でも、東横線や井の頭線、さらに地下鉄がある渋谷駅でも、接続はさらに悪いのが実情です。しかし、接続がよくないからこそ、そこに遊びが生まれ、お店などが並んで、交流が生まれるのです。

藤沢市は、藤沢駅の駅舎の改良については検討されている。江ノ電の駅については、見えづらいという意見もあると答えました。

駅前の街並みを統一すべきではないか
藤沢駅前は、公共的な要素が強いにも関わらず、プレハブのような商業施設があったり、マンションが建ったり、風景がバラバラで統一感がありません。厳しい言い方ではありますが、藤沢市の行き当たりばったりの政策のせいでもあると思っています。
南口の広場のみならず、周りの街並みも、中長期的なビジョンを定めて、統一すべきだと思います。

藤沢市は、いままちづくりに関するガイドラインを策定している。駅前の街区のデザインについても地元と共に中心地にふさわしいものを作っていきたいと答えました。

藤沢駅南口再整備

藤沢駅南口再整備

藤沢市議会議員 清水竜太郎
〒251-0052 藤沢市藤沢 991-19-901
© 2015 Ryotaro Shimizu All rights reserved.