清水竜太郎 オフィシャルサイト

清水竜太郎のオフィシャルサイトです

藤沢市教育委員会による教科書採択の過程

今回の藤沢市教育委員会による教科書採択の過程ですが、採択自体は、5人の教育委員が話し合って決めます。その模様は、傍聴できますが、わたしはクジ引きに外れて傍聴できませんでした。
教育委員会によりますと育鵬社の教科書については、日本の文化を学べる、紹介している人物が多い、などの意見が優勢でした。一方、主体的に学び、考えることが大事だが、この点が弱いという指摘も出されたということです。いまの鈴木市政となり、4人が新しく委員になりましたが、結果は同じでした。
教育委員は、二つの資料を参考にできます。一つは主に学校長でつくる審議委員会の意見です。わたしは審議委員会を傍聴しましたが、現場が最も意見を表明できる機会であったにも関わらず、形式論に終始し、温度差を感じました。もう一つは、教科書の展示会に際して、一般市民らが書いた意見です。分厚い資料に目を通しましたが、教師や保護者の意見を尊重して欲しい、過去の良いことも悪いことも知るべきだ、という意見が目立ちました。しかしどれだけ反映されたのか判りません。

f:id:ryotaroshimizu:20150801091228j:plain

藤沢市議会議員 清水竜太郎
〒251-0052 藤沢市藤沢 991-19-901
© 2015 Ryotaro Shimizu All rights reserved.