清水竜太郎 オフィシャルサイト

清水竜太郎のオフィシャルサイトです

高知県の建設中地下型避難シェルターの視察 その②

高知県の南海トラフ地震対策課では、崖用の横穴式の避難シェルターだけでなく、平地向けに半分地下に埋まった避難シェルターについても検討を進めています。これは鉄筋コンクリートに囲まれた耐震構造のシェルターで、液状化対策として地下にセメントを流し込んで安定させます。火災をはじめ、がれきを防ぐため盛土をしてシェルター本体を守ります。
広さは100平方メートルで避難人数は100人、工事費は3億円余りを想定しています。空気はボンベで取り入れ、入り口は2か所で、二重扉となっています。高知県では、津波が治まるまで6時間、そして救助が来るまで6時間、さらに余裕をもたせて、合わせて24時間シェルター内に避難できるよう、電気などの設備を備える計画です。ほとんどが平地となっている藤沢南部では、このような半地下式が当てはまると思われます。高知県によりますとこの場合、ある程度の規模の土地が必要になるとしています。藤沢市でも住宅地内での土地の確保が課題になりそうです。

f:id:ryotaroshimizu:20150807111429j:plain

f:id:ryotaroshimizu:20150807111507j:plain

f:id:ryotaroshimizu:20150807111604j:plain

f:id:ryotaroshimizu:20150807111653j:plain

藤沢市議会議員 清水竜太郎
〒251-0052 藤沢市藤沢 991-19-901
© 2015 Ryotaro Shimizu All rights reserved.