清水竜太郎 オフィシャルサイト

清水竜太郎のオフィシャルサイトです

鳥の目を通して自然を考える

先日、藤沢市民会館で鳥類研究の第一人者である慶応大学大学院の樋口広芳特任教授の講演会が開かれました。これは、鳥の目を通してもっと自然に関心をもってもらおうと藤沢探鳥クラブが開いたものです。
この中で樋口氏は身近な鳥としてカラスを取り上げ、地域ごとに独特の生態があると指摘しました。例えば宮城県では、赤信号で停車した車の前にクルミを置いて、硬い殻を割らせた上で実を食べています。また人間が出した生ごみから食べかすを食べる習慣は、世界でも東京近辺にしかない光景だそうです。一方、サシバやハチクマは、昆虫などの餌が取れる東南アジアで冬を過ごすため、秋に移動します。そして春には、より餌が取れる日本に向けてそれぞれ独自の経路をたどって戻ってくるのです。
慶応大学では市民向けの講座を開いていますが、もっと大々的に展開すれば、市民文化の向上につながります。またせっかく一流の講師陣が揃っているのですから、市内の小中学校にも定期的に授業を行なえないものかと思いました。講演が興味深かっただけにそういう思いを一層強く持ちました。

f:id:ryotaroshimizu:20150820121835j:plain

藤沢市議会議員 清水竜太郎
〒251-0052 藤沢市藤沢 991-19-901
© 2015 Ryotaro Shimizu All rights reserved.