清水竜太郎 オフィシャルサイト

清水竜太郎のオフィシャルサイトです

藤沢市の教科書問題

藤沢市の教科書問題について学ぶ講演会が開かれました。教育委員会は、来年度から中学校で使用する歴史と公民について、育鵬社の教科書を続けて採択しています。講演では前回、育鵬社の教科書が採択されながら、今年は違う教科書が採択された東京・大田区の例が紹介されました。

講師の方は、現場の教師の意見が反映されない採択の仕組みを批判しました。その上で前は育鵬社に賛成した委員が、今回は違う教科書に賛成しており、外部からの圧力も考えられるが、実際のところよく分からないと吐露しました。

藤沢市の教育委員会は、5人の委員で構成されています。法律では教育長、および保護者を含めるよう定めています。ほかの3人については医師や大学教授らが就任しています。市長が分野ごとに候補を任命し、議会の承認を得ます。政治的な中立性が望まれますが、大田区同様、よく分からないのが実情です。

思い浮かべるのが、アメリカ最高裁判所判事の任命です。大統領が任命しますが、極めて政治的な人選です。議会上院での承認手続きでは、徹底的な質疑が繰り広げられます。翻って市議会での承認手続きは事務的で、判断材料は基本的に経歴だけです。中立性は大事ですが、情報が少ないなと感じています。

f:id:ryotaroshimizu:20151028181114j:plain

藤沢市議会議員 清水竜太郎
〒251-0052 藤沢市藤沢 991-19-901
© 2015 Ryotaro Shimizu All rights reserved.