清水竜太郎 オフィシャルサイト

清水竜太郎のオフィシャルサイトです

スペシャルオリンピックスとは

「パラリンピック」は知っていても「スペシャルオリンピックス」を知っている人は少ないのではないでしょうか。パラリンピックが身体障がい者を対象としたスポーツ大会であるのに対して、スペシャルオリンピックスは知的障がい者が参加するスポーツ大会です。スペシャルオリンピックスは、障がい者の自立と社会参加を促すのが目的で、アメリカで始まりました。競技は陸上や水泳、バスケットボール、それにフィギュアスケートなど様々で、現在、170を超える国と地域で、500万人の選手とボランティアが活動しています。

この度、藤沢市出身で日本のスペシャルオリンピックスの普及に尽力してきた細川佳代子・元総理大臣夫人が講演しました。日本の本部組織は1994年に発足し、2005年には長野県で国内初めての世界大会が開催されています。長年に渡って、会長として普及に努めてきた細川氏は、「障がい者への理解が、社会にあるかどうかでその人生が決まってしまうのはおかしい。スペシャルオリンピックスを通じて、障がい者に対する理解が深まり、選手が個性を伸ばせればいい」と述べました。そして世界大会で、競技開始の合図が分からずにいた選手に対して、観客から大きな声援が沸き上がり、会場が一体となった様子などが語られました。細川氏はまた、総理大臣夫人のとき、ボランティア活動を控えるよう言われて困ったものの、細川連立政権が短命に終わって助かったと吐露しました。

去年、ロサンゼルスで開かれた世界大会には、8500人の選手団が集まりました。日本からも118人の選手団が派遣されるなど、知名度が高まっています。

f:id:ryotaroshimizu:20160405210510j:plain

藤沢市議会議員 清水竜太郎
〒251-0052 藤沢市藤沢 991-19-901
© 2015 Ryotaro Shimizu All rights reserved.