清水竜太郎 オフィシャルサイト

清水竜太郎のオフィシャルサイトです

屋外広告物に関する条例

藤沢駅南口にある旧田原屋の跡地に大手ディスカウントストア、「ドン・キホーテ」が進出することになりました。来月の開店をめざして、準備が進んでいます。ドン・キホーテといえば、黒と黄色の派手な看板広告で知られます。広告物は、湘南海岸の街にふさわしい配慮が不可欠です。

藤沢市では8年前、条例によって屋外広告物に関するルールを定めました。用途地域によって異なり、商業地域は最も規制が緩くなっています。対象は、広告物の大きさや高さで、中身や色については自由です。藤沢駅前の場合、▲屋上に設置する広告物は70平方メートル以下、▲一つの壁面について、3階の窓より下で、30平方メートル以下でなければなりません。また▲側面につく看板も、50平方メートル以下です。条例の規制は、近隣の自治体並みで、特に強いわけではありません。

藤沢市では、広告物を抑えてもらうよう、会社側と交渉を続けています。現在、▲正面玄関に「ドン・キホーテ」と書かれた看板とキャラクターの看板が掲げられるほか、▲西側の壁面にも、キャラクターを使った円形の看板ができる方向です。また▲側面の看板が2枚、▲黄色に光る短い柱が4つできる方向です。▲屋上広告は計画されていませんが、▲建物の色も、市松模様のため、市では落ち着いた色に統一するよう求めています。

ドン・キホーテは、東京の白金台に高級路線の「プラチナドン・キホーテ」をオープンしていて、広告物も少なく、大人っぽい色調になっています。
駅前の雰囲気は、その街の性格を映し出すだけに決定的に重要です。わたしは駅前の再整備とともに、広告物の規制強化が必要だと考えています。いまの条例では不十分です。金太郎飴ではない、街の顔づくりが必要です。

f:id:ryotaroshimizu:20160509185409j:plain

f:id:ryotaroshimizu:20160509185422j:plain

藤沢市議会議員 清水竜太郎
〒251-0052 藤沢市藤沢 991-19-901
© 2015 Ryotaro Shimizu All rights reserved.