清水竜太郎 オフィシャルサイト

清水竜太郎のオフィシャルサイトです

震災時のルールづくり

熊本地震の視察を通して、あらかじめ明確かつ具体的なルールをきめておけば、震災後の事態も改善されることを実感しました。震災後の混乱の中で、慌ててルールを決めようとしても無理です。

熊本地震では、2度目の強い揺れで住宅が倒壊し、犠牲者を出しました。1度目の揺れでは、地震に耐えても、2度目の揺れには耐えられなかったのです。二次災害を防ぐための危険度判定には、時間がかかります。このため、一般質問では、1度目の強い地震で被災した住宅については、中にとどまらないようルールを作るべきだと提案しました。これに対して藤沢市は、防災訓練などを通して、危険性について周知して行くと答えました。

熊本では、避難所における仮設トイレの環境が問題となりました。環境が良くないため、お年寄りや女性が、トイレに行かないで済むよう水分をわざと取らなかったのです。わたしは、各避難所で、仮設トイレの7割を女性専用とするなど、具体的なルールを決めたらどうか提案しました。これに対して藤沢市は、地域防災計画などで配慮するよう定めており、さらに個数や設置場所も検討していくと答えました。。

熊本ではまた、お年寄りや障がい者に配慮して、教室など別スペースを確保する例が見られましたが、これに習って、あらかじめ別スペースを確保するルールを決めるよう求めました。藤沢市は、必要に応じて教室も利用可能であり、各施設や住民と場所の確認などを行なっているところだとしています。

f:id:ryotaroshimizu:20160719142245j:plain

藤沢市議会議員 清水竜太郎
〒251-0052 藤沢市藤沢 991-19-901
© 2015 Ryotaro Shimizu All rights reserved.