清水竜太郎 オフィシャルサイト

清水竜太郎のオフィシャルサイトです

盲導犬とホームドア

東京の地下鉄で目が不自由な男性がホームから転落して亡くなる事故がありました。男性は盲導犬とともにホームを歩いていました。かつて盲導犬について、取材したときのことを思い出さざるを得ませんでした。

わたしは、盲導犬は、盲導犬の利用者を好きな場所に、簡単に連れて行ってくれるんだと誤解していたのです。盲導犬は、もちろん特別に育成された犬で、ハーネスと呼ばれる利用者がもつ金具を通じて、障害物や段差を知らせたり、交差点で止まったりします。しかし、特別な能力があるわけではありません。盲導犬は、パートナーである障がい者の方を安全に目的地まで誘導するのが役割です。その目的地、そしてそこまで到達するための道のりは、あらかじめ決められていて、利用者と盲導犬がペアとなって、何週間も訓練して初めて会得するものなのです。全く未知の場所に到達するには、利用者の指示のもと、周囲の助けがあって初めて可能になります。行きたい場所に簡単に行けるわけではないのです。

神奈川県の横浜市には、訓練センターがあって、盲導犬の育成に当たっています。こうして育成された59頭の盲導犬が、県内で活躍しています。今回の事故では以前に取り上げたホームドアの重要性が取りざたされています。これを機会に盲導犬への理解も進むよう願います。

f:id:ryotaroshimizu:20160823184355j:plain

藤沢市議会議員 清水竜太郎
〒251-0052 藤沢市藤沢 991-19-901
© 2015 Ryotaro Shimizu All rights reserved.