清水竜太郎 オフィシャルサイト

清水竜太郎のオフィシャルサイトです

駅前や観光地のまちづくり

藤沢駅周辺にも高層マンションの建設が目立ってきています。マンションを建設する際、建物が作る影が、周囲にどれだけ影響を与えるかによって、一定の制限がかかります。しかし商業地域では、基本的に高さに制限はありません。南口の駅前でもかつて西武デパートがあった土地に、複合化した高層マンションがそびえています。南口の一部では、40メートル以下に抑える自主ルールがありますが、守られないケースも出てきています。いずれも法律の枠内ですが、景観の観点から言えば残念なことです。

駅前や観光地など街の顔とも言える場所では、どのように折り合いをつけているのか。
鎌倉市のシンボルである若宮大路は、建物の高さに制限がない商業地域でした。ただ15メートルに抑えるという自主規制があり、みなが守ってきたそうです。ところが、法的な裏付けがないままでは、歴史的な街並みを守ることができなくなるという危惧が広がり、鎌倉市は8年前、この一帯を美しい景観をつくる景観地区に指定しました。若宮大路では、建物の高さが15メートルまでに制限されています。

茅ヶ崎市では、茅ヶ崎漁港近くに40メートルを超える高層マンションが建設される計画が持ち上がりました。これに対して、反対住民など3万人を超える署名が集まりました。市の審議会は、景観を著しく阻害するものになるとして、市長に是正勧告を出しました。業者は計画を断念し、10年前、一帯がその地域の特性に基づいたまちづくりができる地区計画に指定されました。高さについては、10メートル余りに制限され、今では海岸に合う結婚式場になっています。

f:id:ryotaroshimizu:20160909224214j:plain

f:id:ryotaroshimizu:20160909224230j:plain

藤沢市議会議員 清水竜太郎
〒251-0052 藤沢市藤沢 991-19-901
© 2015 Ryotaro Shimizu All rights reserved.