清水竜太郎 オフィシャルサイト

清水竜太郎のオフィシャルサイトです

外国籍の子ども支援

子ども文教委員会の視察で、愛知県豊橋市役所を訪れました。豊橋市は、70カ国から1万5000人の外国人が生活しています。母国語しか話せない子どもも多く、日本語の習得が課題となっています。

豊橋市では、こうした子どもを支援が必要な人たちではなく、将来、まちを活性化してくれる貴重な人材だと位置づけています。その上で、小中学校の授業に支障ないよう支援しています。

市内には、1500人を越える外国籍の子どもたちがいます。ブラジルやフィリピンなどで、ほとんどの小中学校に外国籍の子どもが学んでいます。

豊橋市は、▲日本語を教える特別のクラス、いわば国際教室を設置しています。愛知県の協力もあって、小中学校の半分近くの30校に、70人の教師が派遣されています。また、▲非常勤を含めた相談員が16人いて、ポルトガル語など母国語による支援も行っています。さらに、▲8カ国語のボランティアが37人いて、緊急時に対応しています。

注目すべきは、豊橋市では小学校に入る前の子どもも対象に、日本語の読み書きや、生活習慣について学ぶ教室、プレスクールを開いている点です。これは、非営利団体に委託しているもので、団地など2カ所で、半年間に渡って実施しています。

藤沢市でも、富士見台小学校や湘南台中学校など、合わせて6校で、国際教室が設置されています。兼任を含めて9人の教師が担当していて、92人が利用しています。特に湘南台小学校では、学区外からの子どもも受け入れています。また母国語が話せる日本語指導員も派遣するなど力を入れ始めています。

f:id:ryotaroshimizu:20161019095831j:plain

藤沢市議会議員 清水竜太郎
〒251-0052 藤沢市藤沢 991-19-901
© 2015 Ryotaro Shimizu All rights reserved.