清水竜太郎 オフィシャルサイト

清水竜太郎のオフィシャルサイトです

公立学校と学習塾の役割

藤沢市内の公立の中学生もその多くが学習塾に通っています。受験のために学校の授業だけでは足りないから、逆に授業に追いつけないから、様々な理由があります。

学校生活全般に配慮しなければならない学校と比べて、学習塾の方が濃い授業内容を提供している面もあるでしょう。しかし多くの家庭が、家計のやりくりに苦労している中、民間に依存している現状は憂慮せざるを得ません。部活動が原因となって、教師の多忙化が問題となっている中、教師が授業に集中できる環境を整えることなどで公立学校の競争力を高められないか考えています。

先日、保護者のお母さんたちの話をお聞きする機会に恵まれました。学習塾の役割についてお聞きしたところ、勉強はもちろん、進学に関する情報を入手できることが大きいと一同に答えていました。学校には「進路指導」という制度がありますが、実際は中学3年生の後半に集中しています。卒業したら就職する生徒もいる中、早い時期から将来設計を考え、計画的に学んでいく体制の強化が必要だと考えています。

文部科学省は、社会的、職業的な自立に向けて、必要な能力を育てる「キャリア教育」を促してはいます。民間の力も借りながら進学や就職に関する情報を提供しつつ、誰もが最適な選択ができるような仕組み作りを実現したいと思っています。

f:id:ryotaroshimizu:20161028094630j:plain

藤沢市議会議員 清水竜太郎
〒251-0052 藤沢市藤沢 991-19-901
© 2015 Ryotaro Shimizu All rights reserved.