清水竜太郎 オフィシャルサイト

清水竜太郎のオフィシャルサイトです

変革のデパート業界

 

デパート業界も生き残りに向けて、試行錯誤を続けています。大手の「そごう・西武」は、売り上げが伸び悩んでいた西武所沢店を改装し、地下にしかなかった食品売り場を一階にまで広げました。

わたしも見学しましたが、一階は、菓子類が中心で、藤沢でいえば、さいか屋の作りと似ていると思いました。ただ最寄りの駅の改札が二階にあって、そのまま二階とつながっているため、下に降りなければなりません。ここはポイントだと思います。西武所沢店の二階は、化粧品などが中心となっていました。

去年一年間のデパートの売上高は、堅調と言われる東京でさえ、前の年より1.8%減少しています。品目別にみますと、売り上げの3割を占める衣料品が、4.7%減少しています。とくに婦人服の落ち込みが目立っています。次に全体の4分の1を占める食料品がほぼ横ばいでした。生鮮食品は、減りましたが、菓子類が伸びました。

雑費は好調で、1.9%増加しています。宝飾品などが落ち込んだのに、化粧品が13.5%も増えています。家具などの家庭用品と食堂・喫茶は、減少しています。
そごう千葉店も別館を改装しています。ファッション系は、7割から4割に縮小し、体験型の空間を作ります。映画も見れる本屋や、モノづくりの工房、美容教室、一時預かりの託児所、それにビジネス用のスペースなどです。衣料品からの脱却の動きが明確になっています。

f:id:ryotaroshimizu:20170823113434j:plain

f:id:ryotaroshimizu:20170823113449j:plain

藤沢市議会議員 清水竜太郎
〒251-0052 藤沢市藤沢 991-19-901
© 2015 Ryotaro Shimizu All rights reserved.