清水竜太郎 オフィシャルサイト

清水竜太郎のオフィシャルサイトです

集中豪雨などによる浸水対策「貯留管」

藤沢市は、集中豪雨などによる浸水対策として、雨水を一時的に地下で貯める「貯留管」の設置を進めています。市内にはこれまで辻堂西海岸、羽鳥、鵠沼神明、そして鵠沼藤が谷の四か所で設置されています。

現在、善行駅付近で新しい貯留管の建設工事が進められています。場所は、東口にある藤沢北消防署の出張所近くから始まり、西に向かって、小田急線を越えて、善行駅の北にある交差点まで達します。貯留管はこの交差点から今度は北に向かって、線路の西側沿いに設けられます。

貯留管は、直径が3メートル近いトンネルのようなもので、シールドマシンと呼ばれる大型掘削機を使って、地中を掘りながら、後方に壁面を作っていきます。その長さは、600メートルで、貯留できる量は、3000トンを超えます。深さは、深いところで20メートル、浅いところで10メートル位です。

事業費は、およそ16億円で、来年夏の供用開始を目指しています。善行は、坂道が多いことで知られ、貯留管が完成すれば、低地での浸水が抑えられると期待されています。まさに縁の下の力持ち的な存在になります。

f:id:ryotaroshimizu:20171031170720j:plain

f:id:ryotaroshimizu:20171031170736j:plain

f:id:ryotaroshimizu:20171031170749j:plain

藤沢市議会議員 清水竜太郎
〒251-0052 藤沢市藤沢 991-19-901
© 2015 Ryotaro Shimizu All rights reserved.