藤沢市議会議員 清水竜太郎 オフィシャルサイト

清水竜太郎のオフィシャルサイトです

クエストエデュケーションの教育プログラムとは

子どもたちが、自ら課題を見つけ、解決しようという主体的な授業、アクティブラーニングを実践する具体的な方法として、教育と探求社の学習プログラムが注目されています。

これは、1年間のプログラムで、児童生徒が、グループになって、特定のテーマについて調べ、最後に発表します。テーマは、社会性があるものや、ビジネス的なもの、それに歴史的なものなど7つのコースに分かれます。現場へのインタビューやアンケート調査など「足で稼ぐ」内容も含まれています。

例えば、不動産会社からのテーマでは、高校生のグループが、都心部に墓地が多いことに注目して、土地を地域の交流拠点として活用する一方、スマホのアプリを作ってお墓参りができるよう提案しています。

個人的には、海外の大学院で行なわれている手法と同じだと思いました。詰め込み型の教育にどっぷりはまっていた自分も、最初は、面食らったのを覚えています。現在、135の学校が、プログラムを採用していますが、驚くべきは、公立の学校も含まれていることです。

プログラムを通して、生きるために必要とされる「自分をコントロールし、物事をやり遂げる力」も養われるほか、試験の学力自体も向上しているということです。

f:id:ryotaroshimizu:20181127103013j:plain

藤沢市議会議員 清水竜太郎
〒251-0052 藤沢市藤沢 991-19-901
© 2015 Ryotaro Shimizu All rights reserved.