藤沢市議会議員 清水竜太郎 オフィシャルサイト

清水竜太郎のオフィシャルサイトです

私の政策

選挙戦に入り、わたしも藤沢の個性ある未来に向けて、朝から街頭で訴え続けています。
今回も選挙カーを使わず、自分の肉声で、自分の言葉を使って、訴え続けています。
お声をかけて下さると、大変うれしく、さらなるやる気がみなぎってきます。
わたし自身が実現したい政策、藤沢市を個性ある街にするための政策に共感したというお声もいただきます。手間と時間をかけて練った政策だけにうれしさも倍増です。

▲藤沢駅南口に大規模な公園広場をつくります、そして緑を増やします。駅前はその街の顔です。交通に支配されている空間を、海と緑と青い空を大切にする藤沢の価値観を象徴するような、緑豊かな公園広場に変えます。また子どもたちが、のびのび遊べる禁止事項のない「自由で明るい公園」をつくります。
▲公教育をもっと強く、もっと自由に改革します。7割が学習塾に通う一方、学力格差が放置されている現状は看過できません。学校を本来の勉強する場所に変えます。学力が塾に依存している現実を直視し、教師が授業に集中できるよう分業化を徹底します。また一律ではなく、一人一人に合った授業や、主体的に考える新しい授業を推し進めます。
▲災害は初動がすべてです。準備さえすれば、多くの命を救うことができます。住宅だけでなく、民間を含めた建物の耐震化を徹底すると共に地下型の津波避難シェルターをつくります。
▲市有地の活用で財政負担もなく、藤沢にスケートリンクをつくります。藤沢市には、スケート競技の大きな市場が広がっています。ブランド力も向上し、健康増進に役立ちます。

少子高齢化が深刻化する中、もはや介護や子育ての政策、そして無駄をなくす行政改革に力を入れるのは、どの自治体にとっても当たり前のことです。大事なのは、その上で、いかに街の個性を打ち出すか、街の価値を上げることができるかです。
わたしは、藤沢は特別な街になれると信じています。このまま何も手を打たないとどこにでもある街になってしまいます。藤沢を個性ある街にしたい、今こそ個性ある未来を築くときです。そのためにわたしが掲げた政策を何が何でも実現したいと思っています。

藤沢市議会議員選挙

藤沢駅南口にての街頭あいさつ




藤沢市議会議員 清水竜太郎
〒251-0052 藤沢市藤沢 991-19-901
© 2015 Ryotaro Shimizu All rights reserved.