藤沢市議会議員 清水竜太郎 オフィシャルサイト

清水竜太郎のオフィシャルサイトです

村岡新駅の設置で合意

藤沢市は、神奈川県と鎌倉市と共にJR東日本との間で、村岡地区に東海道線の新駅をつくることで合意しました。JR東日本は、詳細設計が順調に進めば、2032年ごろに開業できるとしています。

新駅の整備費はおよそ150億円で、費用負担は、県が30%、藤沢市と鎌倉市がそれぞれ27.5%、JR東日本が15%となっています。新駅に合わせて、村岡地区と隣の深沢地区を一体開発する計画です。

わたしは、将来的に人口が減少する中、図体をでかくするのではなく、筋肉質なまちにすることが大事だと考えています。そういう意味で、藤沢の心臓部である藤沢駅周辺への集中投資こそが重要だと訴えてきただけに残念です。

市民の方からは、納得がいかないという声を聞きます。去年の市長選挙で新駅の推進を掲げた現職が再選したことを踏まえれば、信任されたとも言えます。ただ首長選挙は、ひとつの政策で判断されるわけではないので、本来なら住民投票を行なうべきだという意見もあります。

議論は尽きませんが、わたしは、普天間基地の辺野古沖への移設問題を通して、選挙のもつ意味を嫌というほど痛感しています。いまの玉城知事と前任者は反対の立場ですが、その前は、2代続けて賛成でした。県民投票では、7割が反対したのに工事はなかなか止まりません。首長選挙がいかに大切か、沖縄県が示しています。

新駅の必要性が分かりにくいのは、藤沢市の説明が地元のためになるという一点張りだからです。わたしは、いまは三菱商事とUBSの資産運用会社が所有している共同研究施設、湘南アイパーク自体は評価しています。アイパークのために必要なのだと説明されれば、百歩譲って、まだ理解できます。

しかし、その場合、負担割合が問題となります。新駅設置の効果は、藤沢市より、アイパークと鎌倉市の方が高いと思います。今後、こうした点を含めて、藤沢市の考えを改めて質していきたいと思います。

村岡新駅

 

藤沢市議会議員 清水竜太郎
〒251-0052 藤沢市藤沢 991-19-901
© 2015 Ryotaro Shimizu All rights reserved.