藤沢市議会議員 清水竜太郎 オフィシャルサイト

清水竜太郎のオフィシャルサイトです

長寿県の秘訣

厚生労働省が発表した2020年の平均寿命で神奈川県は、男性が5位で女性が15位となりました。

全国の平均寿命は男性が81.49歳、女性が87.6歳でした。都道府県では男性が滋賀県、女性が岡山県となっています。

調査は5年ごとに行われますが、最近は、男性では滋賀県と長野県、それに京都府、女性ては岡山県、滋賀県、京都府、長野県が上位を占めています。滋賀県は、失業者が少なく、県民所得が高く、単身の高齢者が少ないなど生活環境に加えて、喫煙者が少なく、スポーツやボランティアをする人が多いなど生活習慣が影響していると分析しています。

かつて長寿県といえば沖縄県でした。しかしわたしが駐在していたときから、男性の順位が下がり始め、県庁も危機感を示していました。沖縄県は男性が43位に、女性が16位に後退しています。原因としては健康的な伝統料理が廃れ、食の欧米化が進んだことやクルマ社会で歩く機会が少ないことが挙げられています。

沖縄の伝統的な料理は、ビタミンも豊富な豚肉やタンパク質がある豆腐、ミネラルを含んだ昆布、そしてゴーヤーやへちま、よもぎなど野菜がいっぱいです。とくに豚は、「泣き声以外、すべて食べる」と言われるくらい重宝されています。

沖縄に住み始めたころ、食堂のメニューにびっくりしたのをいまだに覚えています。「おかず」は野菜炒め定食で、「みそ汁」は豚汁定食のことです。こうした栄養のバランスがとれた食事は、比較的調理もしやすく、見直されて然るべきだと思います。わたしも昔を懐かしんでたまに料理しています。

藤沢市は、さきの交通量に関する調査でも、クルマを使う割合が減ったのに対して自転車を使う割合が増えており、沖縄を反面教師にこの傾向を維持発展させることが大事です。

藤沢市は健康寿命を延ばすことに力を入れていて、心身の活力が低下するフレイル予防に努めています。食事と口内環境など栄養と筋力を維持するための運動、それに認知症にならないための社会参加を促しています。いっぺんに推進するのもなかなか浸透しないので、1年ごとにひとつのテーマに集中するのも手かと思います。

長寿県の秘訣

藤沢市議会議員 清水竜太郎
〒251-0052 藤沢市藤沢 991-19-901
© 2015 Ryotaro Shimizu All rights reserved.