清水竜太郎 オフィシャルサイト

清水竜太郎のオフィシャルサイトです

ベーシック・インカム

長野県知事などを務めた作家の田中康夫氏が、都内で講演し、最低限の所得を無条件に支給する制度「ベーシック・インカム」を導入すべきだと話しました。ベーシック・インカムは、所得や資産の有無に関わらず、すべての個人に対して、生活に必要な最低限の所得を支給しようという制度です。世界に広がる貧困と格差に対応するための対策として注目され、フィンランドで取り入れられているそうです。
これについて田中氏は、「日本の社会保障制度の破たんは目に見えている。いまの条件付きの給付制度は複雑で、手続きにかかる人件費も膨大だ」と話しました。ベーシック・インカムを導入すると、年金や生活保護などを取りやめ、一元化できるため、効率化が図れるとしています。

問題となるのが財源です。消費税の引き上げや、資産への課税強化などが考えられます。また、いまは所得が多いほど所得税が高くなる累進課税制度ですが、所得税をある程度の税率で一律にすることで、財源を賄うことも考えられるとしています。

この制度に対しては、バラまきになるという批判もありますが、みんなに支給されるため、返って公平だという意見もあります。ベーシック・インカムが最適な対策かは分かりませんが、今のままではやっていけないことだけは確かです。新たな対策として、興味深いと思いました。

わたしが政治をめざしたいと思ったきっかけが、田中氏の脱ダム宣言です。当時、取材していた静岡空港の建設については、その必要性が疑問視されていました。しかし報道各社がいくら指摘しても、建設を止めることができず、わたし自身は歯がゆさを感じていました。そんなとき、田中氏が知事に当選して、ダムの建設が本当に見直されたのです。あの時、感じた政治の力は忘れられません。

f:id:ryotaroshimizu:20170213115306j:plain

 

藤沢市議会議員 清水竜太郎
〒251-0052 藤沢市藤沢 991-19-901
© 2015 Ryotaro Shimizu All rights reserved.