清水竜太郎 オフィシャルサイト

清水竜太郎のオフィシャルサイトです

プロフィール

経歴

1968年 東京生まれ

2歳のとき、藤沢市鵠沼に転居

引っ越しなどで鵠沼小、新林小を経て

1981年 鵠洋小学校卒業

1984年 鵠沼中学校卒業

1987年 神奈川県立湘南高校卒業
(文武両道に優れた同級生ばかりで、挫折を味わう)

1994年 一橋大学商学部卒業

同年、NHK入局

静岡・沖縄・報道局「ニュース7」記者

主な活動

小学生がプールの排水口に足を挟まれて死亡した事故では、独自のリポートがきっかけとなり、全国的にボルトによるフタの固定が徹底された。

沖縄の海洋深層水を全国ニュースで初めて取り上げてブームになり、地方発の独自商品の先駆けとなった。

第五福竜丸事件で、被曝した乗組員の大石又七さんを2度に渡りインタビュー、放射能の恐ろしさを知る。大石さん、「一番嬉しかったのは、子どもが無事に生まれたとき」という言葉が印象に残る。

国内唯一の地上戦、沖縄戦の体験者への取材を通して、「命どぅ宝」(ぬち)、平和の尊さを学ぶ。戦争で犠牲になるのは、いつも住民であることを思い知らされる

日放労沖縄分会長として、視聴者本位の番組作りに向けたマーケティング調査の導入、サミット向けのテロ対策、分煙化や契約職員の待遇改善を要求し実現させる。

 

2004年公共政策を学ぶため退職し、米ニューヨーク大学行政大学院に留学し、修士課程を修了。

国連での原爆展に合わせて、留学生会会長として、大学内での講演会を開催。
米民主党メジャー・オーエンス下院議員の地元事務所でインターンとして働く。

貧富の格差を目の当たりにして、中間層を守らなければと確信する。2007年から日経新聞の経済専門局でニュースデスクを務める。

2015年 藤沢市議会議員選挙に無所属で立候補し初当選を果たす。

趣味

剣道初段
大学時代はアメリカンフットボール
社会人ではアイスホッケー

「かぶり物系スポーツを愛する」

80年代アメリカンロック、アクション映画

「献血(現在212回)」
www.jrc.or.jp
「インドなどの子ども支援(21年目)」
www.worldvision.jp



藤沢市議会議員 清水竜太郎
〒251-0052 藤沢市藤沢 991-19-901
© 2015 Ryotaro Shimizu All rights reserved.