藤沢市議会議員 清水竜太郎 オフィシャルサイト

清水竜太郎のオフィシャルサイトです

児童支援担当教諭

藤沢市教育委員会は、小学校でのいじめや不登校などに専門的に対応する独自の「児童支援担当教諭」を35校すべてに配置しています。
中学校では、「生徒指導主任」という、いわゆる生活指導を担当する教師がいます。わたしが中学生だった時代は、校内暴力が全国的に吹き荒れ、いわゆる「強面」の教師が就任して、対応する形が主流でしたが、現在は、一昔と違って、生徒の困りごとに寄り添って、解決する形が主流です。

これに対して小学校は、クラス担任の教師が、一人で問題を抱え込んでしまって、問題の解決が遅れたりすることがありました。これを解決するため、その学校の教師から選ばれるのが、支援担当教諭で、第三者の視点で学校内の問題を発見し、校内で共有したり、スクールカウンセラーなど学校外との連携も図ります。
支援担当教諭は、ベテラン教師から選ばれるのが通例で、担任は待たず、受け持つ授業も少なくなっています。穴埋めできない授業については、藤沢市や神奈川県の費用で非常勤講師の配置を進めています。

わたしは、公教育を強くしたいと思っています。学校を勉強する場に変えたいと思っています。そのためには、教師は授業に特化するほか、生活指導や進路指導もそれぞれ専任にするなど、役割分担を明確にする必要があります。学校に、二刀流は禁物です。

f:id:ryotaroshimizu:20181109104139j:plain

藤沢市議会議員 清水竜太郎
〒251-0052 藤沢市藤沢 991-19-901
© 2015 Ryotaro Shimizu All rights reserved.