清水竜太郎 オフィシャルサイト

清水竜太郎のオフィシャルサイトです

藤沢市の津波避難ビル

藤沢市では、地震による津波から避難するため民間のマンションなどに協力を求めています。いわゆる津波避難ビルです。対象となるのは耐震性のある鉄筋コンクリートの建物で、基本的に3階以上の階段や廊下などが使われます。現在、片瀬、鵠沼、辻堂などで合わせて206の建物の所有者と協定を結んでいます。避難スペースを合わせると15万人以上の受け入れが可能となる計算です。
現時点で津波による浸水エリアは、4平方キロメートルに及び、2万世帯、5万人の避難が必要と見られています。藤沢市では一部の地区を除いて、まず浸水エリアの外に逃げることを基本としていて、今年2月、それぞれの自主防災組織ごとに実際の訓練が実施されました。10分を目安にどこまで逃げられるか、どの道を使えば安全かつ迅速に避難できるかなど点検しました。その結果、お年寄りを中心に避難ビルを使いたいというケースや、地区ごとに初めから避難ビルをめざすケースが確認されました。
ただ近くに避難ビルがない空白地があるほか、夏の海水浴客の避難スペースをどう確保するかなど課題も多く、市ではまず避難タワーの設置を神奈川県に求めています。

f:id:ryotaroshimizu:20150813125245j:plain

藤沢市議会議員 清水竜太郎
〒251-0052 藤沢市藤沢 991-19-901
© 2015 Ryotaro Shimizu All rights reserved.