清水竜太郎 オフィシャルサイト

清水竜太郎のオフィシャルサイトです

小規模保育所について

待機児童を解消する手段である小規模保育所、最も需要が多い0歳から2歳までが対象で、定員は19人、敷地の確保に困っている都会で、普及してきています。

藤沢市でも、現在、10カ所ありますが、3歳からの受け入れ先は保証されていません。保護者らは、再び預け先を探さなければならず、全国的な問題となっています。

現在、市内には、公立保育所が15カ所あるほか、民間のうち、認可保育所が46カ所あります。藤沢市は、小規模保育所とこうした保育所との連携を促し、協定を結ぶよう調整します。こうした連携によって、小規模保育所を出た後の預け先が、見つけやすくなります。また連携を通して、保育所の園庭を使ったり、行事に参加するなど交流も可能になります。

さらに連携相手には、幼稚園も含まれており、藤沢市としては、午後2時までとなっている幼稚園の預り時間を延長してもらうよう求めています。

このように行政が頭をひねる中、びっくりする話が舞い込んできました。東京都の要請で、国が2歳までとしている小規模保育所の基準を緩和する方向で検討しているというのです。わたしももともと、何で年齢制限があるのか不思議に思っていました。3歳からは、広い場所や集団生活が必要だからというのが理由らしいですが、預け先が足りない現状の改善が優先されるべきだと考えます。基準が緩和されれば、大いに歓迎すべきことですが、これまでの規制は、何だったんだと考えると少し複雑です。

f:id:ryotaroshimizu:20160920081141j:plain

藤沢市議会議員 清水竜太郎
〒251-0052 藤沢市藤沢 991-19-901
© 2015 Ryotaro Shimizu All rights reserved.