藤沢市議会議員 清水竜太郎 オフィシャルサイト

清水竜太郎のオフィシャルサイトです

活動報告

翁長知事死去で思うこと

亡くなった翁長知事を取材したのは、翁長氏が自民党沖縄県連の幹事長だったときです。愛想がよく、いかにもやり手という雰囲気を醸し出していました。その後の保守県政の立役者であり、辺野古への基地移設を進める旗振り役でもありました。このため内心、わ…

小学校のエアコン問題 巨額な設置費用の訳とは

藤沢市教育委員会の調べで、藤沢市の14の公立小学校でまだエアコンが整備されていないことが判り、この冬から来年度にかけて、順次整備していく予定だということを以前、お伝えしました。 これに対して、保護者の方から様々なご意見を頂きました。いずれも授…

藤沢南市民図書館暫定移転について

藤沢市は、南市民図書館と市民ギャラリーの暫定移転先として、小田急百貨店を最有力候補に挙げました。 南市民図書館は、老朽化が激しく、隣の市民会館が建て替えとなれば、複合化したい考えです。また藤沢駅のビルの一角に入っている市民ギャラリーは、高額…

夜間観光について

日本への観光客数が伸びる中、夜間の消費額が少ないことが課題となっています。夜間の食事場所や娯楽施設が少ない中、こうしたナイトタイムエコノミーの活性化が注目されているのです。藤沢市の江の島では、夜間にも観光客を呼び込もうと目抜き通りに灯籠を…

広島平和記念公園

広島は原爆の日を迎えました。アメリカ大統領が二年前に訪れた平和記念公園、そこに世界に誇る建築家の意思が反映されていることは余り知られていません。丹下健三は、オリンピックの会場となった国立代々木競技場体育館などで知られる巨匠です。 公園を構成…

鎌倉の海水浴場に打ち上げられたクジラの処理はどうなる?

昨日お隣の鎌倉市由比ヶ浜海岸に打ち上げられたクジラが、動物の中で最も大きいシロナガスクジラとみられることが分かりました。 クジラは、体長が10メートルほどで、シロナガスクジラの子どもとみられます。シロナガスクジラが、このように打ち上げられるの…

泊まれる公園

私がかつて赴任先で住んでいた静岡県沼津市に全国初の”泊まれる公園”があります。場所は、「沼津市立少年自然の家」と呼ばれる広い森林の中です。これまで子どもたちの林間学校として使われてきましたが、最近は利用も少なくなり、お荷物的な存在となってい…

障がい者向けセイリング

藤沢市は、来る東京オリンピックでセイリングの会場となります。しかし実は、パラリンピックでセイリングが採用されなかったことは意外と知られていません。日本障害者セイリング協会は、2024年パリ大会での採用を働きかけています。 江の島ヨットハーバーで…

藤沢市議会(平成30年 6月)一般質問 その2

一般質問では、武田薬品工業の研究施設、「湘南アイパーク」についても藤沢市の考えを聞きました。湘南アイパークは、これまでの武田だけの施設から、外部に開かれた共同研究施設に生まれ変わって注目されています。数少ない成長分野、バイオテクノロジーで…

藤沢市議会(平成30年 6月)一般質問

6月議会では、「重度身体障害者の自立生活支援」について一般質問しました。沖縄の友人が運営する自立生活支援センターは、たとえ重度の障害があっても、社会に出たいという強い気持ちがあれば、思い切って出てみる、できないところは助けてもらえばいいと呼…

鵠沼海浜公園 スケートパーク

スケートボードなどいわゆるストリート系スポーツを楽しめる藤沢市の鵠沼海浜公園スケートパーク。もともとは小田急鵠沼プールガーデンとして、わたしたちの世代に親しまれていました。2001年から、「湘南なぎさパーク」が、市有地を借りる形で、スケートパ…

藤沢市の公立小中学校におけるエアコン整備について

全国的な猛暑の中、学校でのエアコン整備が課題となっています。藤沢市教育委員会では、子どもたちが長い授業時間を過ごす普通教室での整備に取り組んでいます。その結果、公立の中学校など20校についてはすべて整備が終わりましたが、35の小学校については…

MURASAKI SHONAN OPEN

藤沢市の鵠沼海浜公園スケートパークで、スケートボードやBMXなどいわゆるストリート系スポーツの祭典「湘南オープン」が開かれました。 わたしはこのうちスケートボードの決勝を観戦しました。予選を勝ち抜いた9人の選手が、ジャンプしたり、回転したり…

藤沢駅南口公園広場構想

公共R不動産は、講演の中で、公共空間を魅力的なものに変えていく過程で、「風景をつくること」をまず大事にしていると強調しました。 わたしは藤沢駅南口の再整備をめぐって、本格的な公園広場を作ることを議会で提案しています。いま、都市部ではどこの駅…

公共空間の有効活用について

行政と民間が連携して、これまで有効活用されなかった公園や役所、学校など公共空間を魅力あるものに変える取り組みが注目されています。その第一人者、公共R不動産の馬場正尊氏が、都内で講演しました。 この中で馬場氏は、「これから可能性があるのは公共…

企業主導型の保育施設

保育行政でいま注目されているのが、「企業主導型の保育施設」です。企業が届ければ、設置できるもので、国から補助も出ます。 企業が多い東京都内での対策かと思っていましたが、藤沢市内にも9か所あることが判りました。従業員以外の地域枠があることから…

藤沢市の保育所について

藤沢市は、公立の保育所の場合、1人当たりにかかる費用が、年間165万円程度に上ることを明らかにしました。ひと月当たりに換算しますと13万円程度です。とくにサービスが手厚い0歳児の費用は高くなります。これに対して、認可保育所の保育料は、所得で異なり…

片瀬江ノ島駅周辺の再整備

片瀬江ノ島駅周辺の再整備について、藤沢市は、住民説明会で、駅前広場の車の通行を全面的に禁じる方針を打ち出しました。 駅前広場の交通については、過去に起きた事件を踏まえて、車の通行はできるものの、ポールで規制されています。藤沢市としては、緊急…

危険な指定通学路のブロック塀

藤沢市教育委員会の調べによりますと市立小学校35校の指定通学路のうち、危険とみられるブロック塀が数多く存在していることが判りました。 これは大阪府での死亡事故を受けて、高さが1.2メートルを超えるブロック塀、1570か所を目視で点検したものです。そ…

災害時における避難についての認識

西日本を中心とした記録的な豪雨では、気象庁や自治体が警戒や避難を呼び掛けたにも関わらず、甚大な被害が起きたことに衝撃が走っています。報道各社は、警報や避難指示が意味する緊急性が理解されず、軽視されがちだった実態を伝えています。 わたしは、災…

通学路における防犯対策

全国的に子どもをめぐる事件が相次ぐ中、藤沢市教育委員会は、通学路での防犯対策に関する議会質疑で、保護者には、SNSを使って、不審者情報などを危険な場合は、校長の判断で一斉メールしていると答えました。そのほか、登下校を見守るボランティアの増…

豪雨被害とハザードマップ

西日本を中心とした記録的な豪雨で、100人を超える方が亡くなり、行方が分からない方もいます。今回は、大雨特別警報が出され、多くの自治体から避難指示も出されていました。被害の多くが、土砂災害と河川の氾濫、浸水によるものです。藤沢市民もあらかじめ…

藤沢市の海水浴場で海開き

藤沢市が抱える海水浴場で海開きとなり、夏の海水浴シーズンが到来しました。海開きを記念して、関係者によるくす玉割りなどの式典が行われました。去年夏の海水浴客は、台風など天候不良が重なったため、前の年より36%少ない153万9060人となりました。 海水…

中国残留孤児について

藤沢市議会の補正予算委員会で、藤沢市内にも数人の中国残留孤児だった方たちが生活保護を受けていることを知りました。 中国残留孤児とは、中国東北部の旧満州に取り残された当時13歳未満の日本人の子どもたちのことです。日本が植民地化した旧満州には150…

藤沢市の市道照明灯の安全点検について

藤沢市は、市道に設置されている合わせて4300本の道路照明灯について、安全点検を進めています。昨年度までに南部地域にある1100本の点検を終えていて、今年度は中部地域にある1200本の点検を予定しています。そして来年度は北部地域にある1800本を点検した…

小田急百貨店藤沢店の大規模改修

小田急百貨店藤沢店は、6月から大規模なリニューアル・改装に入っています。まだ具体的な内容は発表されていませんが、デパートが運営する商業施設としての特性を打ち出していきたい考えです。2階から6階までは、テナントが中心になります。専門店が入る予定…

教育応援基金パンフレット

藤沢市教育委員会は、教育応援基金を周知し、寄付を呼びかける、新しいパンフレットを作りました。この基金は、経済的な理由で進学をあきらめないよう子どもたちを応援する給付型奨学金制度など、教育環境の充実に充てられます。新しいパンフレットは、携帯…

危険なブロック塀対策

ブロック塀については、法律に基づいて、高さや厚さなどが定まっているほか、鉄筋を入れることや壁を支える控え壁の設置が決められています。問題は、学校のブロック塀だけではありません。熊本地震でも、住宅のブロック塀が倒れて被害が出たほか、避難路を…

藤沢市内の倒壊可能性がある学校の塀について

大阪府での地震で、小学校のブロック塀が倒れ、女子児童が亡くなりました。これを受けて、危険なブロック塀が改めて問題となっています。 藤沢市教育委員会学校施設課が、市内の小中学校および特別支援学校、合わせて55校を調べたところ、道路に面したものの…

藤沢市民会館の再整備について

藤沢市は、老朽化が進んでいる市民会館の再整備について、建て替える場合、およそ100億円かかる一方、バリアフリーを含めて改修した場合、50億円かかるという試算を示しました。 これは、施設の建物調査に基づいて試算したものです。調査の結果、▲コンクリー…

藤沢市議会議員 清水竜太郎
〒251-0052 藤沢市藤沢 991-19-901
© 2015 Ryotaro Shimizu All rights reserved.