清水竜太郎 オフィシャルサイト

清水竜太郎のオフィシャルサイトです

活動報告

第48回衆議院議員総選挙(衆院選2017)

22日は衆議院議員選挙の投票日です。わたしもいまの政治情勢に頭が混乱しています。何を信じたらいいのか分からなくなります。 政策はどこに行ってしまったのか、信念はどこに行ってしまったのか。夢も希望もあったものではありません。それでも諦めてしまっ…

「鵠沼奥田線」都市計画道路の実現性

藤沢市本鵠沼にある「ぽてんこ児童クラブ」が、都市計画道路の整備のため、建物自体をすぐ近くに移設することになりました。この道路は、「鵠沼奥田線」と呼ばれ、東は鵠沼橘から西は本鵠沼を結ぶ1キロ余りです。用地の買収は35%で、真ん中の住宅街で余り進…

藤沢市の学校給食状況

藤沢市教育委員会によりますと中学校給食の食べ残しの割合、残食率は7.5%だということです。食べ残しについては、大磯町で割合が高く、問題となっています。藤沢市では、栄養士の指導の下、食事の内容を改善していることなどから神奈川県全体の平均より、残…

鵠南小学校の建て替え計画について

老朽化が激しい鵠南小学校の建て替えについて、藤沢市は、今年度中に策定する基本構想の中で建物の配置について固めたい考えです。 1970年に建てられた校舎は、北側に建っていて、東側に体育館があります。藤沢市は、津波対策もあって近くの保育園と児童クラ…

藤沢駅南口の駐輪場計画

藤沢市は、南口付近の江ノ電線沿いにある自転車専用道を利用して、駐輪場を作りたい考えで、調査を進めています。場所は、西側が「オーパ」、東側が「小田急百貨店」の建物の南側から、石上駅に向けて、南北に伸びる200メートル余りの道路です。 ここは、歩…

教育応援基金

藤沢市教育委員会は、返済しなくてもよい大学などへの給付型奨学金制度を始めるとともに制度を支える「教育応援基金」を設けています。この制度は、所属会派が要望してきたもので、評価すべきものですが、子どもの貧困が注目される中、基金の存在は余り知ら…

藤が岡保育園建て替えに伴う再整備事業

藤沢市は、藤が岡保育園の建て替えに伴う再整備事業について、民間企業のノウハウを活用して進めていきたい考えです。この事業は、藤が岡にある保育園の再整備と共に隣接するかつての職員住宅と看護師寮を解体して、複合施設を作ろうというものです。今回、…

藤沢市の受動喫煙防止対策について

藤沢市は、公共スペースにおける受動喫煙を防止するため、来年から禁煙の対象をさらに広げます。市内では現在、藤沢駅、辻堂駅、そして湘南台駅の周辺での「路上喫煙」を禁止していて、今年2月からは、江ノ電、小田急電鉄、そして湘南モノレールの各駅周辺、…

駅前エリアの防犯カメラ設置について

藤沢市は、不特定多数が行き来する駅前での犯罪を抑止するため、防犯カメラを設置したい考えです。設置されるのは、藤沢駅南口の二階にあるデッキ、ダイヤモンドビルとリエール藤沢の中間にある小広場、そして辻堂駅北口の二階にある自由通路の三か所です。 …

藤沢市、再来年度から小児医療費の助成を拡大の意向

藤沢市は、再来年度から小児医療費の助成を拡大したい考えです。いまは、小学生まで所得制限なく、入院費と通院費に対する助成を行なっているほか、中学生については、入院費だけ助成を行なっています。これを中学生の通院費も対象にするものです。ただし中…

藤沢市民病院が経常赤字に落ち入る見通し

藤沢市民病院は、昨年度の決算が5億5400万円の経常赤字に落ち入る見通しだと発表しました。 収入は、前の年度より1億円余り増えます。診療単価は上昇しますが、入院および外来の患者数が減少します。これに対して、支出は、10億円余り増えます。職員の給与と…

藤沢駅周辺の再整備について (その2)

藤沢市は、藤沢駅周辺の再整備における南北自由通路の拡張事業について、事業費が330億円に膨らむ見通しを明らかにしました。駅施設の移転補償や改良整備にかかるためで、これまでの250億円より増えます。自由通路は、鉄道事業者が管轄するため、藤沢市を含…

藤沢駅周辺の再整備について

藤沢駅周辺の再整備に関連して、駅舎もデザイン性の高い、湘南にふさわしい駅になればと思います。市民からの要望も多い「湘南らしさ」を考えますと、やはり海が一つのキーワードになります。 ロサンゼルスにあるユニオン駅は、白い壁に時計台が美しい建物で…

藤沢駅を含めた再整備について

藤沢市は、藤沢駅を含めた周辺の再整備を計画しています。まだ北口のデッキの改装しか具体化していませんが、内容について検討を進めています。 駅については、南北の自由通路を拡大するほか、小田急の改札口をJRの改札口がある二階にもっていきたい考えで…

片瀬江ノ島駅周辺の再整備について

藤沢市は、小田急江ノ島線・片瀬江ノ島駅周辺の再整備について、住民説明会を開き、再整備の考え方を伝えました。 藤沢市は、駅前の広場について、緑を植えたり、休憩所を作るとしています。そして広場への車両の通行について、規制を強めたい考えを説明しま…

昔は通行料金が存在した江の島弁天橋

国土交通省は、観光地での渋滞を緩和するため、自動車から、通行料金を徴収する新たな制度について、検討を進めていて、来月から調査に乗り出します。調査の対象となる全国四ヶ所のひとつに鎌倉市が選ばれました。藤沢市は、江ノ電の混雑対策に続いて、また…

藤沢市がセブンと地域活性化に資する包括的連携協力に関する協定を締結

藤沢市は、流通大手セブン&アイ・ホールディングスの「セブン・イレブン」など3社と地域活性化に向けた連携協定を結びました。市内には、コンビニエンスストアの「セブン・イレブン」が58店舗あるほか、スーパーの「イトーヨーカ堂」が3店舗、そして「ヨー…

小田急百貨店藤沢店の現状と課題

藤沢駅南口にある小田急百貨店藤沢店が、インタビューに応じていただきました。昨年度の売上高は、前の年度より4%減少しています。小田急側も現状では、なかなか厳しいことを承知していて、リニューアル・改装も含めて対策を検討しています。小田急でも婦人…

さいか屋藤沢店の現状と課題

藤沢駅北口にあるデパート、さいか屋藤沢店がインタビューに応じていただきました。藤沢店は、神奈川県を地盤とするさいか屋全体の売り上げの半分を占める稼ぎ頭です。しかし昨年度の売り上げは、前の年度より、9%減少しています。柱の衣料品を中心に落ち込…

総合防災訓練

藤沢市は、石川にある防災訓練センターで、総合防災訓練を行ないました。今回の訓練では、去年、新潟県糸魚川市で発生した大規模火災を教訓に、コンクリートミキサー車を取り入れた訓練が行なわれました。ミキサー車が、地下水からくみ上げた水を現場に運ん…

消費税率の引き上げ

最大野党の代表選挙を機に消費税率の引き上げが話題になっています。財源の裏打ちに乏しい、ばらまき型の政策の訴えが多い中、痛みを伴う責任ある訴えが求められています。もちろん、身を切る行政改革が、前提であるのは言うまでもありません。 日本の抱える…

変革のデパート業界

デパート業界も生き残りに向けて、試行錯誤を続けています。大手の「そごう・西武」は、売り上げが伸び悩んでいた西武所沢店を改装し、地下にしかなかった食品売り場を一階にまで広げました。 わたしも見学しましたが、一階は、菓子類が中心で、藤沢でいえば…

人気激戦区吉祥寺 後半

東京・吉祥寺でのデパート大手、伊勢丹の撤退は、地元に衝撃を与えました。事情は異なりますが、今後のデパートのあり方を考える上で、藤沢市の参考になります。藤沢駅周辺の経済も、隣の辻堂駅近くにできた大型商業施設によって、すでに影響を受けています。…

人気激戦区吉祥寺 前半

東京・武蔵野市の吉祥寺は、住みたい街の上位にくる人気のエリアです。新宿からも近く、交通の便が良い上、井の頭公園の自然に恵まれています。吉祥寺は、苦境にあるデパート業界の末路を映し出しています。いまは東急だけですが、かつては近鉄があり、いま…

地球温暖化対策

地球温暖化対策として、ヨーロッパが先手を打ち始めています。イギリスとフランスが、2040年を目標にガソリン車を規制する計画を明らかにしました。 国際規格を先んじて作り出そうというもので、自動車メーカーも呼応するかのように動き出しています。日産な…

藤沢市の「地域市民の家」について

藤沢市は、市民が自由に集まれる施設、「地域市民の家」について、片瀬山や藤が岡など32の施設について継続する一方、ほかの9つの施設については継続しない方向を明らかにしました。 市民の家は、1970年代から、スタートし、市民センターを補完する役割も兼…

逗子市のまちづくり

藤沢市のNPO「鵠沼景観まちづくり会」が、逗子市のまちづくり条例について学ぶため、講演会を開きました。講演会では、条例に基づいて、景観を守るボランティアらが説明に当たりました。逗子市では、アメリカ軍の住宅建設をめぐって、早くから市民運動が…

防犯と防災

藤沢市防災安全部は1日の大雨による被害をまとめました。それによりますとけが人などはいませんでしたが、辻堂を中心に床上浸水が4件あったほか、床下浸水も1件あったということです。また辻堂や羽鳥などで合わせて6台の車が水没する被害にあったということ…

「道徳」教科書採択について

藤沢市教育委員会は、臨時会を開き、来年度から小学校で始まる「道徳」に光村図書の教科書を採用することを決めました。教科としての道徳は、安倍政権が導入を図ってきたもので、中学校も再来年度から始まることになっています。教科書の採択に関しては、検…

公共建築物の木造化

最近、木造の建物が全国的に増えています。東京を走る東急池上線の戸越銀座駅は、昨年末、改修工事を終えて、刷新されました。50メートルを超える駅のホームの壁や日差しには、大胆に木材が使われていて、わたしも目が釘付けになりました。改札には、のれん…

藤沢市議会議員 清水竜太郎
〒251-0052 藤沢市藤沢 991-19-901
© 2015 Ryotaro Shimizu All rights reserved.