藤沢市議会議員 清水竜太郎 オフィシャルサイト

清水竜太郎のオフィシャルサイトです

活動報告

藤沢市内の倒壊可能性がある学校の塀について

大阪府での地震で、小学校のブロック塀が倒れ、女子児童が亡くなりました。これを受けて、危険なブロック塀が改めて問題となっています。 藤沢市教育委員会学校施設課が、市内の小中学校および特別支援学校、合わせて55校を調べたところ、道路に面したものの…

藤沢市民会館の再整備について

藤沢市は、老朽化が進んでいる市民会館の再整備について、建て替える場合、およそ100億円かかる一方、バリアフリーを含めて改修した場合、50億円かかるという試算を示しました。 これは、施設の建物調査に基づいて試算したものです。調査の結果、▲コンクリー…

藤沢市のグループホーム

藤沢市に住む障害者の保護者らでつくるグループの総会が石川で開かれました。この中で参加者からは、「親なき後に備えて、グループホームを考えたい」という意見が出されました。 自立生活のひとつの形が、グループホームです。グループホームは、一軒家やア…

湘南台駅と善行駅での駐輪場整備計画

藤沢市は、自転車の利便性を高めるため、湘南台駅と善行駅での駐輪場の整備を進める計画です。 まず湘南台駅の東口にある二か所の路地にラック式の駐輪場を作ります。台数は合わせて160台で、一時利用を予定しています。利用は有料で、今年度中のオープンを…

藤沢市で大量輸送可能なツインライナーを導入

このほど、神奈川中央交通は、辻堂駅北口と大庭地区の湘南ライフタウンなどを結ぶバス路線で、乗客数が多い連接バス「ツインライナー」の運行を始めました。連接バスは、長さがこれまでのバスの2倍近くの18メートルで、乗客の定員数も、120人ほどに倍増しま…

平成29年度、藤沢市議会議員清水竜太郎の政務活動費に関するご報告

政務活動費をどのように使ったのかについて報告します。昨年度(平成29年度)は、72万円余りの支出となり、8万円余りを返金しました。 政務活動費は、月額8万円支給されるので、一年間で96万円となります。会派「民主クラブ」では、「子どもの貧困問題」に力…

見直しが問われる部活動の在り方

スポーツ庁は、長時間の練習が問題化している学校の部活動について、週2日以上を休みとするガイドラインを示しています。自治体の中には、朝の練習を原則禁止する教育委員会も現れるなど対策が取られてきています。 陸上のオリンピック代表として活躍した為…

日大アメリカンフットボール部と部活動問題

日大アメリカンフットボール部の反則行為をきっかけに学生スポーツのあり方が問われています。愛するフットボールという競技が、このような形で社会の注目を浴びるのは、悲しい限りですが、貴重な教訓がたくさん含まれていると思います。 中学校の部活動は、…

浜見保育園におけるアスベスト問題

藤沢市の浜見保育園におけるアスベスト問題について、有識者でつくる委員会が、検診や補償のあり方をまとめた最終報告書を提出しました。この中で委員会は、検診の対象を広げるよう提言しています。 この問題は、浜見保育園の二階にある部屋の天井にアスベス…

ライフサイエンスの発信拠点としての藤沢

武田薬品の研究施設、湘南アイパークの性格が、これまでの閉ざされた空間から、外部に開放された空間に変化したことで、施設のもつ意味合いも、民間でありながら、公共性の高い場所に変化したと言えます。 アイパークは、大学や企業だけでなく、行政との連携…

藤沢市の待機児童の状況について

藤沢市が発表した平成30年4月1日付けの待機児童の人数は、174人となり、去年より26人増えました。認可保育所などへの入所を希望した7500人余りのうち、希望が通った方は、6900人余りで、希望が通らなかった、いわゆる保留児童の人数は、去年とほぼ同じ610人…

開かれたエコシステムを目指す湘南アイパーク

藤沢市にある湘南アイパークは、面積が25ヘクタール、東京ドーム5個分の敷地に5つの巨大な建物が立っています。建物は3領域の研究に分かれ、それぞれが長い廊下でつながっています。その風景は、まるでSF映画に出てくる近未来の研究所のようです。 この施…

湘南アイパーク

製薬大手・武田薬品工業が所有する藤沢市村岡の研究施設が、先月、「湘南ヘルスイノベーションパーク=湘南アイパーク」に生まれ変わりました。 アイパークが、これまでの施設と決定的に違う点は、これまで基本的に武田だけで行ってきた新薬やデジタルヘルス…

大型連休中の江ノ電の混雑について

大型連休中の江ノ電の混雑について、鎌倉市が実験的に実施した住民優先の取り組みの結果が発表されました。この取り組みは、例年、江ノ電に乗車するための行列が、鎌倉駅の外まで続くなど混雑が激しいことから、住民にあらかじめ証明書を発行して、優先的に…

神奈川県障害者自立生活支援センター

神奈川県障害者自立生活支援センターが力を入れているのが、自立生活をする障害者を介助するヘルパーの育成です。 一般的に身体的な自立と経済的な自立ができて初めて自立とされてきました。しかしこれでは、重度の障害者は自立できないことになってしまいま…

自立生活支援センター

地域社会で自立生活する障害者が増えています。全国には、自立生活を支える組織、自立生活支援センターがあり、神奈川県のセンターは、厚木市にあります。 センターの主な役割は、ピアカウンセリングと呼ばれる相談事業です。障害者自身が、自立生活に向けた…

NPO「藤沢グリーンスタッフの会」

わたしもメンバーであるNPO「藤沢グリーンスタッフの会」の総会が、藤沢市民会館で開かれました。グループの会員が150人で、緑地の保全活動などを行なっています。 総会では、まず藤沢市が、「藤沢市は人口が増え、開発圧力が高まっている。財政も厳しく、緑…

ふるさと納税の問題点

いまふるさと納税の返礼品が高額になり、過剰な自治体間競争になっています。これを受けて、総務省は、返礼品は地元の特産品であるほか、寄付額の3割以下に抑えるよう通達する事態となっています。 藤沢市では、「福祉」や「緑の保全」「教育応援」などへ税…

財政調整基金

企業が儲けを溜め込む内部留保が、しばしば話題になっています。大手が過去最高益を更新する中、給与に還元すべきだとか、いや、いざという時に備えるべきだとか様々な議論があります。 実は地方自治体にも万が一に備える基金があります。財政調整基金と呼ば…

江の島展望灯台と伊王島灯台

長崎市の伊王島灯台は、幕末期、アメリカやイギリスなどと結んだ条約で建設された8つの灯台のひとつです。そのうち最も早い、明治二年に完成したのが、横須賀市にある観音埼灯台です。漢字の埼は、陸地が海上に突き出たところを意味するそうです。 伊王島灯…

都市のブランディング

藤沢のブランド力をいかに高めることができるのか、それが大事だと思っています。それには、まちの強みに基づいた絶対的な価値を磨き上げることが大事だと思っています。ブランド力を高める方法の一つが、文化事業を強くすることです。藤沢は、市民オペラに…

大磯町の緑あふれる自宅の庭を一般公開する「オープンガーデン」

大磯町で緑あふれる自宅の庭を一般公開する「オープンガーデン」が開かれ、NPO「鵠沼景観まちづくり会」のメンバーとして見学しました。 オープンガーデンは、イギリスで盛んに行なわれている取り組みで、庭を飾る植木や草花をみてもらいます。植物園と違っ…

体験型マルチメディア・ナイトウォーク「ルミナ」のポリシー

長崎市の伊王島にオープンしたデジタルアート「アイランド・ルミナ」を担当したカナダの会社、「モーメント・ファクトリー」。世界中の文化芸術の演出で知られています。日本でもお馴染みの「シルクドソレイユ」のほか、マドンナや安室奈美恵のコンサート、…

世界最高峰のデジタルアート ルミナとは

その土地独特の自然の中を歩きながら、世界レベルのデジタルアートを楽しんでもらおうという取り組みが長崎市の伊王島で始まり、地域活性化につながるか注目されています。 伊王島は、中心街から車で40分にある小さな島で、海水浴や温泉が楽しめます。ここで…

従軍画家

藤沢市のアートスペースで版画家の山岸主計(やまぎし・かずえ)の作品展が開かれています。作品の中には、太平洋戦争を描いた戦争画もあります。山岸は、従軍画家として戦地に赴きました。当時の従軍画家の一人には、あの藤田嗣治(ふじた・つぐはる)もいまし…

り災証明書の発行迅速化へ

熊本地震から二年が経ちました。内閣府は、り災証明書の発行を迅速化するため、認定基準の指針を改定することを明らかにしました。り災証明書は、建物の被害を証明するものです。被災者が、申請をすると自治体の職員が現場に赴いて被害状況を調べます。調査…

藤沢市民会館および南市民図書館の再整備について

藤沢市は、市民会館及び南市民図書館の再整備について、昨年度実施した建物調査を踏まえてどのように再整備していくか検討します。 市民会館は、オープンから半世紀が経ち、老朽化が進んでいることから、再整備する計画です。藤沢市は、市民会館がある地域を…

GW期間の江ノ電藤沢駅の混雑に関して

お隣の鎌倉市は、大型連休中の江ノ電が混雑することから、住民を優先して鎌倉駅構内に入場できるようにする実験を実施します。この実験は、去年初めて行われたもので、今年は5月3日と4日の二日間にわたって行われます。時間は、午前10時から午後4時までで、…

働き方改革を政治改革に

本業とは別に仕事をする副業が注目されています。副業の人数は、過去最高の740万人を超えているとみられます。特に日用品大手の「ユニ・チャーム」が、一定の条件はありますが、副業を認めたことは話題となっています。 AI・人工知能の発達が目覚ましい中、…

大庭トンネルのジェットファン

藤沢市は、辻堂と大庭をつなぐ市道、辻堂遠藤線にある大庭トンネルの天井につけられたジェットファンを撤去します。 ジェットファンは、トンネル内の換気を行なう、いわゆる大型の扇風機です。トンネル内の排ガスの濃度が上がるとセンサーが感知して電動で回…

藤沢市議会議員 清水竜太郎
〒251-0052 藤沢市藤沢 991-19-901
© 2015 Ryotaro Shimizu All rights reserved.